有名なライタースクール卒業生の告白「テンション下がった」

こんにちは!

女子ライフコラムニストの斉藤カオリです。

 

先日、友人でもあり、有名な某大手ライタースクール卒業をした40代の新人ライターB子さんと話す機会がありました^^

 

私はB子さんが「ライターになりたい」という意欲が最初から高いのを知っていましたし、

 

とても真面目できちんとした女性なので、一緒に仕事ができるのを楽しみにしていました。

 

つい最近、彼女が新人ライターデビューしたので、私の編集の仕事を手伝ってもらったのです。

 

 

 

それは東急グループ会社などが協賛している、地域のフリー冊子でしたが、

 

仕事を進めるうちに、校正(文字・文章を比べ合わせ、誤りを正すこと)のときに使う「校正記号が分からない」ことが発覚。

 

「スクールでは習わなかったのかな?」と思って彼女に聞くと、

 

「さらっとやったかもしれないけど、あまり実践がなかったため、ほとんど記憶に残らないレベル」だったそうです。。。

 

そこでB子さんの半年間通ったその大手ライタースクールの内容やカリキュラム、感想を聞いてみたんです。

 

 

するとB子さんは、

 

「某有名雑誌や有名webサイトの編集長が講師で来て、新人ライターに夢を見させる楽しい話や華やかな話は聞けたけど・・・」

 

 

けど!?!?

 

 

「実際に一番知りたかった編集の仕方や、ライティングの実践的な内容は物足りなかった。

軽くふれただけで流れていってしまった」

 

「だからぶっちゃけ、編集記号とか、校正の仕方とか、スクール卒業したのにあまりよく分からなくて・・・」

 

と、告白してくれました。

 

さらに聞いてみると、

 

「講義する講師が毎回変わるから、前後の講義が繋がらなかったり」

 

「予定していた講師が突然来れなくなって、よく分からない代任講師になることもあって。

 

代行講師の〝要点もつかめないし、楽しくもない授業″が行われることもあって。こっちもテンションダダ下がり」

 

「受講生で寝ている人もチラホラいたし」

 

「代任講師は教え慣れてないから、言葉もたどたどしくて意味も不明で。

本気で何なの?と思ったこともある~」

 

そう話してくれました。

 

彼女は、「私なら、あのスクールは他人に絶対オススメしない!」と断言。

 

(あんな有名な大手のライタースクールが・・・そんな盲点があったのね!?) 

と、ただただ私はびっくり。。。

 

 

だって私自身、実は約10年前にこちらのライタースクールに通おうか迷ったことがあるんですよね。

 

(結局、別のライタースクールを卒業しましたが)

 

合う合わないはありますが、そういう感想をもつ卒業生がいることも、事実なわけです。

 

B子さんの、某大手ライタースクールの感想をまとめると、

 

〈いい点〉

・有名な雑誌やWEBサイトの編集長クラスの講師陣

・有名ライター講師の華やかな話が聞ける

・これからの仕事に夢や希望が描ける

・単純に話が楽しい、面白い

 

〈悪い点〉

・初心者のとって最重要な基礎の学びが上っ面だけ

・細かい部分の実践が足りない

・仕事の基本をじっくり学びたい方には物足りない

・受講生が多すぎて質問しにくい

 

 

 

「大手で」「有名だから」、自分と必ず合うスクールとも限らないんですね。

 

私も勉強になりました。

 

 

 

 

 

 

≪予告≫

 

2019年6月より、2時間講座をオープンします!

 

●プレ☆ライター講座

ライターってどんな仕事なの? どんなことができるの? どうやって仕事を取るの? 営業ってどうやって行うの?

そんな疑問や質問にお答えする講座です。ライターで営業したことがない、どうやって仕事をとるのかわからない方も必見です!

 

●プレ☆編集者講座

編集ってどんな仕事なの? どんなことができるの? 仕事の内容や流れを知りたい! 今後編集者になってみたい方、編集者に興味がある方は必見です!

 

●肩書も決定☆プロフィール作成講座

今後実名出しで執筆したい方、自分のブランディングを検討している方にもおすすめの講座です!自分の人生を棚卸しして、自分のプロフィールを作成します。また、肩書を考えるコツ、肩書まで決定まで行っていく講座です。

 

少しでもご興味を持たれた方は、ぜひ気軽に参加してみてくださいね。

今後はZOOMでも開催予定なので、詳細は後ほどお知らせいたします。よろしくお願いいたします。

ページトップ