GW特別回想「黒手袋の男の背後から襲われた事件」

こんにちは!

女子ライフコラムニストの斉藤カオリです。

 

GWの更新なのですが、、今回「めちゃくちゃ死にそうに怖かったこと」回想を書いてみます。

 

そしてタイトルの、「黒手袋の男の背後から襲われた事件」ですが……コレ、実話です。

ちょっと警察沙汰になりそいな実話です笑。

 

おかげでしばらくトラウマがあって、夜に現場周辺を歩くと身体が震えました。

 

皆さん、くれぐれも、人気のない場所での一人歩きには気を付けて!!






高校一年生の文化祭の日でした。
終わったあとの打ち上げを、学校近くの川原でみんなと楽しんでいたんですね。


クラス全員で集まって、コンビニでお酒と手持ち花火を買って、川原でワイワイと。


(これでも一応公立の進学校でした。今の時代じゃ許されない状況ですよね^^;)


楽しんだあとは、クラス全員でキチンと花火の後始末をして、掃除して、ゴミは持ち帰りましたよ。

 

私は終バスに間に合うように、みんなと別れて帰っていました。

そのとき私の住んでる所は神奈川の端の田舎。


最寄りのバス停留所は工業団地の一画で、夜はだぁーれもいない場所 でした。

 

降りると、建物の明かりもほとんどなく、真っ暗! 

しかしバス停留所から家までは歩いて10分くらいなので「怖いけど仕方ない」と毎回早足で帰路についていたんです。



ただ、その日はいつもより遅い夜の11時半でした。

 

私の50メートルくらい後ろに、一台の車が止まったんです。 

そして、「バタン!」 

 

車から人が下りる音がしました。

 

チラッと後ろを見たら、黒いジャンパーを着た男性。

 

そして、私のほうに向かって、タッタッタッ・・・と早足で歩いてきたんです。

 



まーっくらで、周りには誰もいない。

 

でも、後ろから男性が、歩いてくる。 ドッキン、ドッキン、ドッキン、、 


でも当時、高校生の私は、

 

(コワーい! けど、まさかね?笑)

 

(心配して後ろをチラチラ見るのも、何だか自意識過剰ってカンジだし!?)

(きっと、私の横を通りすぎて、抜き去っていくに違いない・・・) 


と思っていて。

 

(バカっぽいけど、ドラえもんの歌でも大声で歌って、気を紛らわせようかな?? ←大真面目) 


と、頭の中でぐるぐる考えていたんですね。

 



すると、後ろの人の足音がさらに早くなってきたんです。

(っていうか、小走りで私に近づいてくる!)

 

(もう、私のすぐ後ろくらい?)

(頼むから、早く、横から通りすぎて!)


と思った瞬間。



ガバッ!!!!!


黒のジャンパーを着た、黒い革手袋をつけた男が、

 

背後から、私の口と胸を押さえてきたんです。 

 

「動くな」

 

と言われたと思います(気が動転して、この辺記憶があいまい)



その瞬間、心臓がドッキン!!!!!!

 

私は恐ろしすぎて、腹の底からおたけびをあげました。


「ヴオオオォォォォォォォォォォォォ!!!!!」 


腰が抜けるくらい震え上がったんですが、かなーり低音で、ドスのきいたおたけびだったと思います。


女子らしさは皆無。。。笑

さらに、どこかに俯瞰でみている自分がいて、「今、叫ばなきゃマズイ」  と感じたんです。

 

口を黒手袋でふさがれていたのですが、無我夢中で、


「うがああああああああ!!!!!!!(誰か、助けて!!!!!!!)」

と叫びました。

 


男は、とっさの私のおたけびに驚いたのか、そのまま押さえつけずに、

 

足で、私の腰を思いっきり蹴り飛ばしたんです。 


前につんのめって転んだ私。


急いで起き上がり、必死に走りました。

 

べそをかきながら。。。

そうして、家まで猛ダッシュ。

 

後ろを振り返る勇気もなくて、泣きながら全速力で走り続けました。

 

 

 

 



そして。どうにか、助かりました、とさ。。







はい、怖かったです!

そのまま、、車に引きずりこまれていたら、どうなったか!!??

 

もし、怖さで叫べなくて、言いなりになっていたら???

 

ヤバいです(T_T)


ちょっと自業自得なんですが・・・・・・。


とにかく。

変な事件や事故に巻き込まれないように、防犯意識はしっかり持っておきましょう泣。

子どもにも、普段から、「変な人が近づいてきたら(襲ってきたら)、とにかく叫びなさいね!」 と、

分かりやすく教えておくのが大事だとつくづく思います。 

実は、私がとっさにデカイ声で叫べたのも、

 

母に、「もしも何かあったときは、とにかく大きな声で叫びなさいね!」


と日頃、一緒にニュースを見ながら教えられていたからなんですね。 


万が一があっては困りますが、もしもの時に備えて、シミュレーションしておくのは大事ですよね。



「備えあれば憂いなし」です!ヽ(・∀・)ノ

 

ページトップ