「人生の主役は私!」と思えていますか?

こんにちは!

女子ライフコラムニストの斉藤カオリです^^

 

私の働き方がこの本に掲載されました

私の働き方がこの本に掲載されました

 

いきなりですが、タイトルの「人生の主役は私!」と思って日々過ごされている方は、現在どのくらいいるでしょうか。

 

これ、年代によっても異なると思うのです。比較的自由のきく、ぴちぴち20代の独身女子に聞いたら「当たり前でしょ~~!」って答える方が多いのではないかな、と思うわけです。

 

華やかな職業の人も「イエス」が多いかな??人前に立つ仕事とかね。(職業柄、そういう「主役」意識でいないとその他大勢に埋もれてしまう、など)

 

あなたは、ただ何となくで生きる人生になっていないでしょうか。

 

 

どんな人でも「主役は私」

正解を言えば、今生きている全員が「主役は私」ですよね。

 

例えば、育児中ママは子ども第一になるのは当たり前(私もまさに今そんな感じ^^)なのだけれど、「子どもが一番だ」と考えている「私自身」が、その人生の主役ってことに変わりない。

 

育児ママやその他、どんな人にも、それぞれの事情で行動の制限(壁)があるかもしれないし、それは仕方ないこと。

 

でも、物理的な壁は知恵や工夫で乗り越えて、自分の生きたい人生をつくっていきたいですよね。

 

例えば、本気で嫌気がさしているけど、続けていること。悩んでいるけど、今も結論が出ていない事柄。

 

これを今後もそのままなのか、今、継続をやめるのか。

 

  • 「毎日満員電車に揺られての通勤はしんどい」

  • 「もっとクリエイティブな仕事をしたいけど、今の安定的な生活は捨てられない」

  • 「育児中だから、自分のことに時間を使っていられない」

 

などは、私の周りでよく聞く話ですが……確かに、確かに。上記のことは、私も全部経験しました。

 

最後はどこを優先するかですよね。

 

「毎日満員電車に揺られての通勤はしんどい」なら、その通勤がなくなる仕事をするまでです。

 

私はフリーライターになった8年前、雑誌取材に向かう途中、電車内でカメラマンの友人とちょうどこの話をしていました。「満員電車はもう無理だからサラリーマンには戻れないわぁ~」と(;’∀’)

 

懐かしいです笑。だから本当に、満員電車で通勤する方々(うちの主人を含め)を尊敬している次第です。

 

「もっとクリエイティブな仕事をしたいけど、今の安定的な生活は捨てられない」なら、両方の条件が合う仕事を探して、なさそうならどちらかを選ぶしかないですよね。

 

どちらを選んでも、自分で選んだならすべて正解です。

 

「育児中だから、自分のことに時間を使っていられない」なら、それでいいんです~。

 

でも、自分の時間をとらないと精神的に息が詰まってイライラし、子どもに八つ当たりや無駄に怒ってしまうことが予想されます。

 

ですので、子どものためを思うなら、結果としては自分にも適度に時間が使えるようにした方がいいかもしれません。

 

たまには一時保育に預けて気分転換をするなど、工夫するのがいいでしょうね。

 

「生きている意味が分からない!」と訴える女性

以前、私が取材した40代女性で、

 

「私は子どもがいるけれど(自分は)子どものためにこの人生を生きているわけではないし。 子ども優先には考えられない」

 

「実は、自分の生きている意味が分からない。どう生きていけば(自分が)満たされるかが分からない!」

 

と強く訴える方がいらっしゃいました。

 

その方は、私から見れば、好きな仕事(自営業)を選んでいて、収入も一定の額をきちんと得られている、魅力的な女性です。でも、心中は想像とは全く異なる状況でした。

 

さらに、その女性の仕事は、人に直接「ありがとう」と言ってもらえる仕事です。はたから見たら、やりがいも十分にありそうです。

 

でも、その「ありがとう」の言葉は、彼女の生きる意味とはなっていないようでした。

 

「○○さんはお仕事も順調で、まとまった収入も得られていて、お客さまに感謝もされている。それは○○さんの生きている意味には繋がらないのですか?」

 

と取材者さんに聞いたことがあります。

 

答えは「やっぱり違うんです」とのことで、その後は曇った表情で、納得のいかない事柄をいくつかこぼされていました。

 

自分のやりたいことと自分のやっていることが繋がっていれば、自分の人生に感謝の念が湧き、心は満たされ、表情は明るく輝いてくるはずです。

 

でも、いい仕事をしていても、深いところで自分が納得ができていないと表情は曇ります。結果、せっかくの人様からの「ありがとう」も自分自身のなかに入っていかないのです。

 

彼女はずっと「(自分自身が)満たされない」「生きている意味が分からない」、と枯渇感を感じ続けていくのかな、と思い、もったいないと感じました。

 

ご自身が満たされていれば、「子どもに費やす時間」もまた魅力的になります。子どもにも自分と同じように「自分の意思で自由に生きる道」をサポートをしたくなるでしょう。

 

満たされた人生の歩み方を、子どもたちにも教えてあげたくなる。それはその人の生きている意味にも繋がるのではないでしょうか。

 

だから、子どものことまで考えて、今、自分に向き合い、自分の生きたい人生を歩むってことはすごく大事……なのではないかと。

 

笑顔が眩しくて幸せオーラがある、という人は、日常から「一番好きなものを真っすぐ躊躇なく選ぶ」ことに長けている人だと思います。

 

それは素直に、その人の人生全てに影響し、生き方まで構成していくからでしょう。

 

最後に

「人生の主役は私!」とは紛れもない事実なので、意識があってもなくても構わないかもしれません。

 

でも、自分の意思で自分の好きな生き方を自由にチョイスして、今後に積み上げる人生を納得して生きたいですよね。

 

私は自分の意思と、意識と、生活の工夫で、それは実現可能だと考えます。

 

今後開催予定の「世界が広がる☆ライター講座」をはじめ、自由な生き方が選択できるような情報を、これからブログでも発信していきたいと思っています^^

 

 

ページトップ