ライターという仕事についたきっかけ

今までの人生で経験した

 

「強み」を武器に、

 

「ライター」という複業

 

チャレンジしてみませんか^^

 

複業複数の本業を持つこと

 

(副業のような片手間仕事としてではなく、

 

生業として、別の業種を、

 

二つ以上兼務すること。)

 

コトバンクより

 

 

 

女子ライフジャーナリストで

 

家庭円満☆ライター起業コンサルタントの斉藤カオリです。

 

斉藤カオリの〈簡単なプロフィール〉はこちら^^

 

 

私、執筆業を行う前は、

 

舞台女優をしていて。

 

根っから「歌う・踊る」が好きだったので、

 

桐朋学園という大学の演劇科に入り、

 

舞台女優として、ふらっと舞台へ出演。

 

もともと表現することが大好きだったので、

 

この道がマストだと思っていました。

 

 


さらに好奇心旺盛な私にとっては、

 

固定された職場ではなく、

 

昼夜両方の仕事で、自由に、

 

さまざまな職種の人間と出会い、

 

話すことは、

 

とても楽しかったのです。

 

 

 

しかし、ある出来事があり、

 

「私もそろそろ堅実な道を行かなければ・・・」

 

と思い直し、腹をくくりました。

 

 

そして、手に職をつけるため、

 

当時、私のなかでイメージが良かった、

 

「歯科衛生士」になることを決めたのです。

 

 

 

2年間の専門学校へ通い直して。

 

① 人体(歯・口腔を除く。)の構造と機能

② 歯・口腔の構造と機能

③ 疾病の成り立ち及び回復過程の促進

④ 歯・口腔の健康と予防に関わる人と社会の仕組み

⑤ 歯科衛生士概論

⑥ 臨床歯科医学

⑦ 歯科予防処置論

⑧ 歯科保健指導論及び歯科診療補助論

これらを猛勉強して。
 
見事「国家試験」に合格。
 
 
「歯科衛生士免許」をもらい、
 
はれて、歯科衛生士となりました~。

 

 

 

が、しかし。

 

残念なことに。

 

歯科衛生士がまったく、

合わなかったのです。

 

というか、

 

個人歯科医院、という空間が、

 

まったく合わなかったのです。

 

いえ、

 

患者さんの歯石をとること、

 

虫歯予防の処置をすること、

 

歯磨き指導をすること・・・・・・、

 

仕事は楽しかったです。

 

患者さんが喜んでくれるのは、

 

張り合いにもなりました。

 

 

ただ、、

私のいた歯科医院の

狭くて暗い空間が

ダメでした。

 

休憩時には絶対外に出て、

青空を見て、

深呼吸をしないと、

死にそうでした。

 

 


あと、狭すぎる人間関係と、

 

鬱屈した人が集まって、

 

陰口ばかりの人間模様に

 

ヤラレテいました。

 

 

 

せっかく、

 

まともに生きられると思ったのに。

 

やはり、私は、

 

まともには生きられないのか・・・。

 

内心、だいぶショックを受けました。

 

 

 

私は、幼少の頃から「手に職つけなさい」と

 

口を酸っぱくして言われてきました。

 

 

某大手企業の取締役の祖父、

 

けいゆう病院の看護師婦長の祖母、

 

早稲田大学大学院卒の父、

 

慶応大学大学院卒の叔父、

 

中学からフェリス女学院~成城学園大学卒の、

 

もともと箱入りお嬢の母、

 

青山学院大学卒のいとこ。

 

 

何だか、親族はまともに勉強して、

大学行って、堅実な道へ。

 

でも私は、全然違う。。。

 


一大決心をして、

 

専門学校まで通い、受験して。

 

ようやく取った「歯科衛生士」なのに。

 

「合わない」と思ってしまうなんて。。。

 

 

やはり、私は、ダメ人間。

 

 

 

そこで、自分で悩みに悩んだ結果、

 

「書く」という手法を思い出します。

 

 

日記は独身時代、

 

20年間ほぼ毎日つけていました。

 

 

悩みの多い私は、

 

書くことで気持ちをおさめていたのです。

 

 

そんなとき、

 

某企業に勤める知人から、

 

「うちの会報誌で、

 

虫歯予防の記事書いてくれない?」

 

と声をかけてもらいました。

 

当時、私は他院の

 

口腔衛生のフリーペーパーを

 

担当していていて、

 

知人はそれを知っていたのですね。

 

 

「私でいいの~?」と思いましたが、

 

書くことは本来好きだったので、

 

すぐにOKして、一記事を書いてみました。

 

すると、

 

「すごく反響あったよ~! 良かったよ!」

 

との報告が。。。

 

 

読んだ方の感想で、

 

「歯磨きの大切さを実感しました。

 

今までおろそかにしていましたが、

 

これからは残りの歯を大切にします。

 

歯科衛生士のかおり先生、

 

ありがとうございました!」

 

 

達筆に書かれた文字の感想をみて、

 

うれしさが込み上げたのです。

 

 

自分の書いた文章で、

 

人を笑顔にできる。

 

自分が表現した内容で

 

人が喜んでくれる。

 

 

自分の歯科衛生士の資格が

 

自分の好きな「書く」ことと

 

はじめて直結した瞬間でした。

 

 

 

そうして、私は本格的に書きたいと思って、

 

新聞社主催のライタースクールに、

 

一年間お世話になり、

 

執筆業をスタートしたのです。

 

 

 

 

ページトップ